ホーム > 共済事業 > がん医療共済 > ケーススタディー

がん医療共済

肺癌に対して、4か月間抗がん剤治療と先進医療の陽子線治療を行った。
肺癌 ●抗がん剤治療4か月(治療月100,000円×4か月) 400,000円
●陽子線治療(先進医療) 500,000円
共済金給付額 合計 900,000円

乳癌に対して、抗がん剤治療を3か月間行った後に手術を行い、
その後、放射線治療とホルモン剤治療を併用して治療を行った。
乳癌 ●抗がん剤治療3か月(治療月100,000円×3か月) 300,000円
●乳房切除術(治療月100,000円×1か月) 100,000円
●放射線治療2か月(治療月100,000円×2か月) 200,000円
●ホルモン剤治療一時金 200,000円
共済金給付額 合計 800,000円
ご加入について

特集ページ

お問い合わせ

お問い合わせ
お客様相談室・0120-00-9967