ホーム > 愛知県中小企業共済について > 決算報告

愛知県中小企業共済について

資産の部(百万円) 負債・純資産の部(百万円)
流動資産 2,893 流動負債 301
固定資産 6,261 固定負債 1,298
--- --- 出資金 2,120
--- --- 利益剰余金
(当期純利益)
5,435
(277)
資産合計 9,154 負債・純資産合計 9,154

費用の部(百万円) 収益の部(百万円)
支払共済金 1,426 事業収益(共済掛金) 2,926
他事業費 618 事業外収益 916
一般管理費 600 特別収益 33
事業外費用 869 --- ---
特別損失 0 --- ---
税等 85 --- ---
当期純利益 277 --- ---
費用合計 3,875 収益合計 3,875

収益の部

費用の部

 中小企業共済は、お預かりしている掛金の積立を行い、その資産運用は、元本を確保することを基本とし、国債、地方債、金融債等による堅実な運用を行っております。
 平成29年度は、当期純利益2億7,700万円を計上することができ、1億9,700万円を剰余金として処分いたしました。
 中小企業共済は、万一に備え、積立による自己資本の充実を行い、安心と信頼で組合員の皆様にお応えします。

過去5年間の正味資産と純利益(百万円)

過去5年間の正味資産と純利益

9,988%

 支払余力比率(ソルベンシーマージン比率)とは、支払共済金等の支払能力の状況が適当であるかどうかの基準で、通常の予測を超える危険リスクに対応できる比率として200%以上であれば基準を満たしているとされています。
  平成29年度末における当組合の支払余力比率は、9,988%で安全性においては十分な資産を保有しており、安心していただける資産内容となっております。

過去5年間の推移についてはこちらをご覧ください。

資料請求・お問い合わせ
加入案内
組合員の皆さまへ
まごころ愛知
WEB版「まごころ愛知」特集ページ
中小企業共済 キャラクターのご紹介
請求フォーム利用キャンペーン

特集ページ

お問い合わせ

お問い合わせ
お客様相談室・0120-00-9967