ホーム > よくある質問 > 経営者医療共済

よくある質問

組合所定の請求書類以外に必要書類はありますか?
交通事故の場合は交通事故証明、死亡の場合は死亡診断書または死体検案書、同意書、戸籍謄本(死亡された方)、印鑑証明書(共済金受取人)が必要となります。
さらに、すべての請求に対し、被共済者の加入資格の確認できる書類が必要となります。
精神障害の治療は免責ですか?
経営者医療共済の場合、責任開始日以降に発病した精神障害での入院は、ご病気としてお支払いの対象となります。 ただし、病気死亡は対象となりません。
検査のため、病院に1日入院しましたが補償対象となりますか?
健康診断、人間ドックを目的とした検査入院は対象となりません。ただし、健診の結果、病気の疑いがあるため詳しく検査をする目的での入院の場合、医師の診断書に病名がついていれば対象となります。
ケガまたは病気で通院した場合、補償されますか?
通院分は補償対象となりません。
他保険にも加入していますが、補償額は減額されますか?
他保険、労災等への請求との重複によって当組合の請求が制限されることはありません。
ケガまたは病気で通院中の手術は補償されますか?
通院での手術も補償対象となります。
ただし、約款に定められた診療報酬点数1,400点以上の手術に限ります。
三大成人病での入院も補償の対象となりますか?
すべての病気入院が対象となっています。
ギプス固定期間は補償されますか?
傷害の治療を目的として、固定状態が入院期間を除き連続15日以上続いた場合、補償対象となります。
経営者医療共済はいつから補償されますか?
補償開始は加入申込日の翌々月の1日の午前0時からとなります。ただし、初回の共済掛金の引き落としができない場合にはこの限りではありません。
責任開始日後の補償に対して、免責日はありますか?
免責日はありません。免責内容(経営者医療共済)
お問い合わせ
よくある質問
組合員の皆さまへ
まごころ愛知
WEB版「まごころ愛知」特集ページ
中小企業共済 キャラクターのご紹介
請求フォーム利用キャンペーン