ホーム > 新着情報一覧 > 【お知らせ】マイナンバー制度に関する対応について

新着情報詳細

【お知らせ】マイナンバー制度に関する対応について

2016年01月07日

  2016年1月よりマイナンバー制度が導入され、社会保障・税・災害対策の行政手続きにおいて、マイナンバーが必要となりました。

 当組合では、100万円を超える共済金をお支払いした場合、法令に基づき、管轄の税務署に支払調書を提出しております。マイナンバー制度導入に伴い、この支払調書に共済契約者ならびに共済金受取人のマイナンバーを記載することが義務付けられました。

 つきましては、2016年1月以降に、マイナンバーが必要となった皆様に対し、マイナンバーの提出をご依頼することになります。

 ◆マイナンバーの提出が必要となるケース

  ・1回の支払額が100万円を超える共済金をお支払するとき

  ・同一原因で累積額が100万円を超える共済金をお支払するとき

  ※マイナンバーは法令で定められた目的に限定し、必要な方に対してのみ、個別に取得させていただきます。

 なお、ご提出いただいたマイナンバーは、支払調書作成事務以外で利用することはございません。(支払調書作成後、マイナンバーは法令等に基づき廃棄いたします。)

 何卒、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

新着情報一覧
組合員の皆さまへ
まごころ愛知
WEB版「まごころ愛知」特集ページ
中小企業共済 キャラクターのご紹介
請求フォーム利用キャンペーン