ホーム > 共済事業 > 生命傷害共済 > 共済のご案内

傷害共済

※共済契約をお申込みいただくには、組合員になっていただく必要があります。 組合員についてはこちら

補償内容

契約タイプの移り変わり

生命傷害共済

※生命傷害共済からの継続加入のみの契約となります。


生命傷害共済 継続Ⅰ型/Ⅱ型

ご注意

  • このページでは、商品の概要を説明しています。商品の詳細につきましては、『ご加入のしおり』および各商品の『約款』をお取り寄せのうえ、ご確認ください。
  • 生命傷害共済・生命傷害共済継続Ⅰ型・生命傷害共済継続Ⅱ型の入院・通院補償は実日数のお支払いとなります。
  • ケガとは急激かつ偶然の外来による事故で被った傷害をいい、繰り返し・積み重ねによるものは対象となりません。
  • 浴槽内での溺死および溺水または浴槽への転落による溺死および溺水は疾病とみなします。
  • 補償開始日とは約款に規定する責任開始日のことをいいます。
  • 先進医療とは、治療を直接の目的として、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所での厚生労働大臣が定める先進医療技術によるものをいい、療養を受けた日時点での定めを有効とします。
  • 先進医療の技術料とは、先進医療技術に対するお支払額(患者の自己負担分)として、病院または診療所によって定められた額をいう。
  • 手術の診療報酬点数とは、公的医療保険制度における医科診療報酬点数表、または歯科診療報酬点数表に「手術料」として一つの手術名に対して算定されている点数です。診療報酬点数の「手術料」に加算される「輸血料」、「手術医療機器等加算」、「薬剤料処置料」、「特定保険医療材料料」などの点数は含みません。
  • 事例によっては共済金のお支払いができない場合や、お支払いが制限される場合がありますので、詳しくは、免責内容をご覧ください。
ご加入について