ホーム > 共済事業 > 従業員医療共済 > 共済のご案内

従業員医療共済

従業員が思わぬ病気やケガで働けなくなったときに支えます。

※共済契約をお申込みいただくには、組合員になっていただく必要があります。 組合員についてはこちら

補償内容

従業員医療共済 1年契約自動更新型
共済掛金 月掛 1,000円(被共済者1人につき)
加入年齢 満15歳以上満60歳未満(満65歳まで継続可)
  補償開始日後2年以内 補償開始日より
2年を経過後に発生
ケガ・病気による
入院
継続5日以上の入院
30,000円
(1入院中1回に限り)
傷病により入院した場合
入院1日につき6,000円
(1日目から60日目までを限度)
ケガ・病気による
手術
なし 傷病により入院を開始し、
その入院中に手術を受けた場合

診療報酬点数5,000点以上の手術
または先進医療による手術
30,000円
(1入院中1回に限り)
ケガ・病気による
就業不能
なし 傷病により就業不能となり、
その就業不能状態が61日以上継続した場合

30日あたり50,000円
(61日目~150日目まで、加入後通算45万円を限度)
● 補償開始日とは約款に規定する責任開始日のことをいいます。

ご注意

  • このページでは、商品の概要を説明しています。商品の詳細につきましては、『ご加入のしおり』および各商品の『約款』をお取り寄せのうえ、ご確認ください。
  • 事例によっては共済金のお支払いができない場合や、お支払いが制限される場合がありますので、詳しくは、免責内容をご覧ください。

ケガ・病気による入院

  • 再入院の場合、前回の入院の退院日の翌日から起算して180日経過後に再入院した場合は、新たな入院とみなします。
  • 統合失調症、躁・うつ病、不安障害等の精神疾患は除きます。

ケガ・病気による手術

  • 入院共済金の支払対象となる期間に受けたいずれか一方の手術に限ります。
  • 先進医療による手術とは、厚生労働大臣が定める施設基準に適合した医療機関で厚生労働大臣が定める先進医療技術による手術をいいます。

ケガ・病気による就業不能

  • 就業不能とは傷病の治療を目的とした入院、または医師の指示により自宅等で療養しており、職種を問わずすべての業務に従事できない状態をいいます。ただし、死亡した後や後遺障害と認定された後は就業不能とはいいません。
  • 就業不能状態が終了した日の翌日から1年経過後に再度給付事由に該当する就業不能状態となった場合は新たな就業不能とみなします。
  • 30日に満たない場合は日割りとします。
  • 統合失調症、躁・うつ病、不安障害等の精神疾患は除きます。
ご加入について