ホーム > 付帯サービス > 観劇利用助成

付帯サービス

観劇利用助成 PDF版ダウンロード

ご利用できる方

組合員契約をされている被共済者の方で、ご利用人数は被共済者数(加入者数)まで助成が受けられます。従業員医療共済、従業員弔慰金共済、弔慰金共済、員外利用者は助成が受けられません。

助成金額 被共済者1名につき3,000円(最高限度額)

対象劇場

御園座 一時休館中
※御園座の主催公演については利用できます。
TEL:052-222-8222
中日劇場 名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル9F
TEL:052-263-7175

観劇利用助成の適用

観劇利用助成のご利用は、加入者数を限度として被共済者の方に適用されます(お1人で複数の共済にご加入の場合でも、加入者数は1としてカウントします)。

(例)観劇利用助成を3名がご利用される場合
3,000円×3名=9,000円
の助成となります。

利用人数の変更

加入者の増加、減少が生じた場合、所定の手続きが完了した時点で利用人数および対象者が変更されます。

請求方法

希望日時・座席をご予約ください。(御園座:052-222-8222、中日劇場:052-263-7175)予約が取れましたら観劇利用助成受付フォームより利用助成券をご請求ください。(観劇利用助成受付フォーム以外に、お電話でも受付しておりますので、付帯サービス担当までご連絡ください)
中小企業共済から利用助成券を郵送いたします。
利用助成券を添えて代金精算をしてください

清算方法

御園座 一時休館中につき、詳しくは御園座にお問い合わせください。
中日劇場 助成券を持って直接窓口にて現金精算する。
※上記以外の精算方法ではご利用いただけません。

観劇助成の利用対象期間

利用対象期間を一事業年度(4月1日~翌年3月31日)とし、毎年4月1日の時点でご利用できる人数が加入者数(被共済者数)に戻ります。

(例)観劇利用助成の利用例

ご注意

利用助成券の請求は、ご利用日・ご精算日までに余裕を持って、ご連絡ください。
初回共済掛金の口座振替日以降にご利用いただけます。
利用助成券発行後に利用人数が増減した場合、助成金額の訂正はできませんので必ず事前にご連絡ください。
代金精算後の利用はできません。必ず代金精算前に利用助成券の請求をしてください。
紛失による再発行は致しかねますので大切にお取り扱いください。
観劇利用助成券は、提携劇場にて上演されている公演に適用されます。
一部適用されない公演もありますので予約時にご確認ください。
上記の精算方法以外での助成券の利用はできませんのでご注意ください。
資料請求・お問い合わせ
付帯サービス
組合員の皆さまへ
まごころ愛知
WEB版「まごころ愛知」特集ページ
中小企業共済 キャラクターのご紹介
請求フォーム利用キャンペーン